ニコレットで脱タバコ

タバコを止めようとする男性

CMでも流れているニコレットで脱タバコを決意しましょう!最初はニコレットを使ってもタバコを止められないかもしれませんが、本数を減らすことは可能だと思います。ニコレットを使って脱タバコを目指しましょう!

ニコレットでタバコの本数を減らせる?

タバコの値段が上がるにつれ、今度こそやめようと決意をしてもなかなかやめられず、何度も諦めているという方は多いと思います。タバコを簡単にやめられない原因は、ニコチン依存とタバコを吸うことにより精神的な安定を得ているからと言われています。吸うことでリラックスしたり落ち着いたりという精神的な物に関しては、自分で他に変わるものを探すか慣れるしかないでしょう。ニコチン依存に関しては、脳にはニコチンが結合する事で快感を感じさせる物質を放出する受容体が存在します。繰返しタバコを吸うことで禁断症状が現れ吸いたいと思うようになりニコチン依存という状態になるわけですが、ニコチン依存に関しては、ニコレットの使用でタバコの本数自体を減らす事は可能と思われます。その理由としては、ニコレットにはニコチンが含まれているためです。ニコチンは禁煙を始めてから48時間~72時間程でほぼ排出されるとされています。その為禁断症状のピークはニコチンが排出されてから1週間程がピークとさ始めの3日間ぐらいが辛いと言われるのもニコチンの禁断症状によるものです。ニコレットはニコチン置換療法として使用されます。タバコを吸いたくてどうしても辛いという時に摂取する事で吸いたいという衝動を抑える事ができます。
そうするとニコレット自体が辞められないのでは、と思われるかもしれませんがタバコに比べて吸収速度が緩やかで、禁断症状を緩和させる程度のニコチンの血中濃度を維持するように出来ているのでタバコのような依存症にはなりにくいとされています。完全に辞める気がない人も、まずは少しづつ回数を減らしたいという場合はニコレットを使用する事で禁断症状を緩和させるのが有効かも知れません。

ニコレットの禁煙効果

禁煙をしたいというときにただ煙草を手放そうとしても、ふとまた手を伸ばしてしまって禁煙が達成できないということはよくあることです。たった一本の誘惑に負けると禁煙ができなくなってしまうということはよく知られていることでしょう。その原因物質として知られているのがニコチンであり、煙草を吸うことによって摂取すると快感がもたらされるということが知られています。その快感がやめられなくなって依存ができてしまうのが煙草の恐ろしいところであり、その依存性の影響によって煙草をやめられなくなってしまう人が多いのです。そのため、煙草を吸うことへの誘惑を減らすためにはニコチンが欲しいという気持ちを煙草以外のものから解決するという手法が想定できます。そういった目的で禁煙効果を発揮するのがニコレットです。ニコレットはニコチンを含んでいるガムであり、これを摂取することによってニコチンの供給源を煙草からニコレットに置き換えることができます。ニコチン置換療法と呼ばれる手法であり、これによって煙草がどうしても吸いたいという気持ちを減弱させることができるのです。ニコレットによってニコチンを補充することにより煙草を吸わないことができるようになれば、実質的には禁煙が達成されたことになります。そして、次に行うのがニコレットの減量であり、すこしずつ着実に減らしていくことによってニコチン依存症を安全に克服していくことができます。こういった形でニコチンに対する魅力を煙草からニコレットに置き換えることによって禁煙効果を発揮することができるのがニコレットです。禁煙補助薬として名高いのはニコチン依存症に困らされている人が多いからと言われています。

ニコレット製品の種類について

タバコを吸っていると、吸っている本人はもちろん、周りの人もタバコの害を受けます。特に子供や妊婦は、危険性が高く、妊婦の場合、流産や早産の危険があり、子供の場合は、呼吸器系の病気などにかかるリスクが高くなります。
受動喫煙を防止する法律が制定された影響もあり、最近は禁煙の施設が増えています。自分の健康と周りの人の迷惑を考えて、禁煙を決意する人は少なくないです。しかし、挫折してしまう人が多いのも事実です。なぜ挫折してしまうかというと、意志が弱いからではなく、ニコチン依存症のせいなのです。喫煙者の7割は、ニコチン依存症だと言われています。禁煙をして体内のニコチンがなくなると、様々な離脱症状が起きます。離脱症状を乗り越えて禁煙を成功させるために、ニコチン置換療法があります。日本でよく知られているニコチン置換療法が、ニコレットです。ニコレットを噛むことで、口の粘膜からニコチンを吸収し、離脱症状を緩和します。しかし、医薬品なので、1回1個という使用量は守る必要があります。ニコレットには正しい噛み方があるので、正しい噛み方を理解してから、ニコチン置換療法を開始します。噛み方のポイントは、ゆっくりと噛むことです。速く噛むと、唾液が多く出るため、ニコチンが唾液と一緒に飲み込まれてしまいます。そうなると、口の粘膜からのニコチン吸収が低下してしまうのです。ニコレットには、ニコレット、ニコレットクールミント、ニコレットアイスミント、ニコレットフルーティミントの4タイプがあります。味と噛み心地が違うので、自分の好きなタイプを選ぶことができます。1週間ごとに1日の使用個数を減らしていき、1日の使用個数が1個から2個になったら使用を止めます。使用期間は、3ヶ月となっています。

■禁煙するならニコレットよりチャンピックスがお勧めです
チャンピックス 購入